私のレイキ体験

武蔵野市境5-18-13
 0422-56-8230
  お問合メール
香りの森
雑感一覧に戻る
私のレイキ体験 (以前別のページに書いてあったものです)

私の最初のレイキ体験はとても薄いところから始まりました。当時は私は全く別な仕事をしていて、アロマとかヒーリングとか全然無縁の世界にいました。私の元妻はそういうヒーリングや精神世界が好きで色々受けていました。僕自身は不思議なものは嫌いではなかったので傍目で見ているだけでしたが特別拒絶するわけでもありませんでした。ある時「レイキの講習(ティーチャーまで)を受けたい」と言われてこれこれのお金がかかるけれど自分でお金を出すから受けても良いかという相談を受けたのがレイキと言う言葉を聞いた最初です。彼女は今は吉祥寺にある某Vというところでアチューメントを受けました。でもその後で特にレイキが家庭の中に入ってくることはなかったです。

その経験があったせいか、セラピストとして活動し始めてからレイキという言葉をどこかで聞いた時には全く違和感はありませんでしたし、うーんあれって何だったのだろう、っと気になり始めました。たぶん本屋で精神世界かセラピーのセクションでレイキの本を見たのがきっかけで、それを買って読んでみました。もともと宗教とか組織とかそういうものが一切嫌いな私としては、レイキの基本的な思想や発想はとても健康的に思えました。ただその時の自分はとても懐疑的でしたので飛びつくという感じでは全然なかったのですが、「うーん、これは一度受けて確かめてみなければ・・・」と思ったわけです。それでネットでいろいろ探して安そうで営利的でないところへ行って見ました。懐疑的な自分としてはレベル1だけ受けて様子を見てみたかったし、レベル2は時間を空けたほうがよいと本にあったのでそのようにしました。

レイキ1 の体験はとても素晴らしいものでした。その日のアチューメントは3回+遠隔1回だったのですが、何回目かの時に肩に手を置かれたときにとても暖かいものを感じて、なんだか「今までそんなに頑張ってきたけど、そんなに一生懸命にならなくても大丈夫なんだよ」という暖かさと言うか赦しというかそういうものを感じたのです。それで涙がどんどん出てきてしまって、恥ずかしさが全然なかったのが不思議ですが、気持ちのよい涙でした。そのアチューメントは15人ぐらいの方が来ていたのですが、お互いにペアになってヒーリングの練習をしました。

教科書的には21日間の浄化期間としてセルフヒーリングをやることになっていますが、私は特にそれは意識せずに、自分のアロマトリートメントのセッションにどんどん取り入れてゆきました。最初はレイキの流れなんて良くわからなかったのですが、なんとなく実感出来る様になってきました。アチューメントを受けたときの教科書で教えていただいた発霊法の練習がとても役に立ちました。実際、アロマでレイキを併用すると効果が高まりますし、リラクゼーション効果もあります。また、以前よりも自分の手が暖かくなるはとても実感しました。(暖かい手はセラピストとしてはとても大事で、これは他のセラピストさんも同じようにレイキアチューメントの結果として現れています。)自分の心を整えると言う意味でもとても大事な働きがあると思います。

レイキが出来る様になって何よりも嬉しいことは、自分の家族にヒーリングしてあげられるようになったことです。怪我をした時、頭が痛いとき、お腹が痛いとき、などなど。もちろんアロマセラピストとしてアロマの処方はしますが、アロマを使わないでレイキだけやって短時間で効果が出ることもありその効果は実感しています。特にレイキはアロマが適用できない医師の管理化にある方とか、弱っているご老人とか、そういう方にも適用でき非常に使用できる範囲が広いです。レイキの良いところは絶対に処方的にならないで、愛情を持ったヒーリングになることです。いわゆる処方的医学とは対極のところにあります。アロマでも愛情を持って適用することは当然ですが、レイキのヒーリングはまず愛情が前提です。愛情を持って相手にタッチングしてヒーリングすると言うのは何者にも替え難いほど無限の価値があります。レイキは全てのヒーリングの原点だと言う気がします。

レイキ2はレイキ1を受けてから5ヶ月ぐらい後に受けました。レイキ2では三つのシンボルとマントラを教わりますが、私には非常に技巧的に見えました。使い方もかなり複雑で、習得するにはかなり大変そうな感じがしました。私自身はその時シンボル・マントラは本質的なものではないと感じたのですが、講習の中で臼井先生はシンボル・マントラはあまり神聖視せずに、あくまで補助的なものであり、レイキを完全に習得すれば「シンボルを落とす」と言う表現をして、必ずしも使う必要がなくなって行く、と言っておられたという事を聞き、「あっー、この人はやはり凄い人なんだなァ」と改めて感じました。臼井先生は非常に色々な事をよくわかっておられたと思います。この時のアチューメントでは時に感じたことはありませんでした。

レイキ3はレイキ2を受けてからほぼ二年後に受けました。この間かなり長い期間が経っていますが、自分の中ではレイキは日常の不可分のものになっていましたし、自分の理解も深まっていたと思います。レイキ3ではアチューメントを受けている時に、これまで以上に霊気の流れが頭から肩、肩から体全体へと流れてゆくのが実感できました。特に足を触られる直前では霊気の暖かさが体全体に貯まっている感じがしました。実はこのアチューメントの時は背中がとてもこわばって痛いぐらいの感覚が3回のどのアチューメントでもあったのです。で、なんと次の日から背筋が気持ち良く伸びるようになったのです。実は私は少し猫背で、セラピストとしては直そう直そうと思っていて、アレキサンダーテクニックを受けたり、歩き方を較正したりして、少しは努力していたのですが、自分で意識するとどうしても自然な感じではなくて力が入ってしまって不自然になるのです。でもレイキ3を受けた翌日、(もちろん意識はするのですが)とても自然な感じで背筋が伸びて、違和感のない気持ちよさがありました。これはとても驚きました。同じ回にレイキ3を受けた方で僕と全く同じ体験をされた方が他にもいた事を知ってさらに驚きました。

雑感一覧に戻る
香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top