雑感: 臼井先生の寿命

武蔵野市境南町5-3-26
 0422-34-7445
  お問合メール
香りの森
雑感一覧に戻る

臼井先生の寿命

レイキの歴史を勉強していて、どうなのって?思うことは幾つかあるのですが、臼井先生が霊気を発見してから亡くなるまでに、実に4年の短い間しかなかった事です。4年というのは本当にあっという間です。臼井先生はたぶんそれまでに膨大な人生経験をなさっていたことは間違いないと思うのですが、それでなければぱっと霊気を立ち上げて、膨大な数に方に伝えてゆくというのは難しいでしょう。彼のたった4年間の活動が、その後の80年間、そして全世界の何百万人へと広がってい行く基礎を築いたと考えると、実に驚異的と言わざるを得ません。

臼井先生は、脳溢血で亡くなったと言うことです(ただし、これは正確な史実として確認されているわけではないです。)亡くなったのは3回目の脳溢血で、1回目と2回目はご自分で直されたということです。

ただ4年間しかヒーラーとして生きなかったというのは、ちょうど適度なカリスマで終わって良かったという面もあるかも知れませんし、逆にうまく神格化されて良い印象のまま亡くなったという側面があるのかも知れません。臼井先生は自分はもう必要ないと感じ取られて逝ったのかも知れません。

一般的な人は、単純に「長生き=良いこと」と考えるようですが、果たして本当にそうなんでしょうか? 今の超高齢化社会の日本で、有意義な老後の生活を送っている割合がどれだけあるのかを考えると、単に死なないで年齢が増えて行くことが、大事だとは思えなくなります。高齢になっても、自分のやりたいことが出来るか、高齢でも社会に何らかの貢献が出来るか、高齢でも家族になにかしてあげられるか。

臼井先生は、最後の4年間、人類史上に残る素晴らしい生き方をされたことは、間違いありません。その短さを否定的に捉える必要は、全くないと思います。

雑感一覧に戻る
香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top