ジンジン・ドクドクなどする

武蔵野市境南町5-3-26
 0422-34-7445
  お問合メール
香りの森
雑感一覧に戻る

ジンジンするのは治癒活動!

悪い部分やケガにレイキをしていると、受け手がドクドク・ジンジンなど不快感を感じる場合がありますが、それはその部分の治癒活動が非常に高まっているためです。そのことで、驚いたり心配してレイキを中断してしまっては、せっかく上手く行っているのが無駄になってしまいます(T-T) 初心の受講生に見られる誤った判断です。そこで中断しないで、そのドクドク、ジンジンが落ち着くまでレイキをしてあげると、治癒活動が完了して、治るということがでてきます。

ピリピリ・チリチリも治癒活動!

また、凝りなどの場合も、凝っているとこところがヒリヒリ・ピリピリと受け手が感じる場合がありますが、これも治癒活動が始まった証拠です。そのままレイキを続けて、それが感じられなくなるまで当てていると、凝りが解消してゆきます。

内臓や頭でも不快感が出るときが

同じようなことは、内臓にも起こりえます。痛みや違和感が内臓の悪いところに発生する場合もあります。これも、受けている人が不快感を訴えてきたら、「それは多分、そこに悪いところがあって、レイキが流れて、治そうという細胞や組織の動きが出ているからだよ~。もう少し当てていれば、徐々に薄らいで行くと思うけど」と説明をして続けてあげるのが良いのです。

頭でも頭痛が生じるときも

そして、頭も何かストレスや緊張が溜まっていると、レイキを受けて頭痛が出る場合もあります。これも、一時的な現象なので、説明してあげて、そのままレイキをしてあげた方が良いです。ただし、頭痛は我慢出来ない人がいるのも事実です。そんなときは、首や肩などの比較的近くをやってあげて、様子を見てみて下さい。それでしばらくレイキを送れば、頭が少しこなれて、直接当てても頭痛にならない場合もあります。

★ 悪いことだと早合点してはいけない ★

いずれにしても、現代人の日本人は、痛みや不快感をすぐに「悪い」こととして捉えて、恐怖心を覚えますが、それは大きな誤りです。それらは身体からのメッセージですから、まずは落ち着いて耳を傾けてあげることが大事です。そして、レイキでは悪いことは起こりませんので、レイキを信頼してそのまま送ってあげれば、最終的には必ずプラスに働きます。

その他の、身体が起こす症状に関してはこちらを参考にして下さい

雑感一覧に戻る
香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top