Q&A:一般の疑問

武蔵野市境5-18-13
 0422-56-8230
  お問合メール
香りの森

レイキの疑問トップへ

Q 日本の伝統霊気は何故、一般に知られることなく来てしまったのでしょうか?

資料によりますと、戦前は臼井霊気療法学会の会員として霊気ヒーラーの人数は1万人以上おり、それから推測して霊気を受けた方の人数は軽く10万人を超えていたと思われます。

しかし、敗戦を経て、日本の伝統的な文化が占領軍の洗礼を受け、否定された部分もあり、また自己防衛のために隠蔽せざるを得なかった面もあり、それが一つの大きな原因でしょう。そもそも、霊気は海軍の中で広まっていたという事もあり、また西洋医学とは相容れない、ある意味アヤシイと誤解を受ける可能性も高く、必然的にアンダーグラウンドへ入っていったのだと思います。

西洋レイキの元になったハワイの高田先生でさえも、伝授を受けた1938年から亡くなる1980年の数年前までのとても長い期間お弟子さんを養成しませんでした。それはやはり戦争で日系の日本人に対する差別があって大きな行動が起こせなかったのではないかと想像します。それを可能にしたのはアメリカのニューエージブームだったのではないでしょうか。

直接の戦争以外の要素としては、もともとの臼井霊気は完全に治療として考えられていたことです。これは私の推察ですが、もしも、戦後生き延びてきた臼井霊気療法学会の霊気をそのままの形で一般に広めた場合は、それは今の医師法に抵触する可能性があるのではないかと思います。

Q レイキと気功の違いは何でしょうか?

気功は施術者の人間の気です。ですので、施術者の持っている良いや悪いがそのまま反映されます。良いものだけなら良いですが、場合によっては悪いものも送られてくる場合があります。また、意図的に悪いものを送ったり、相手をコントロールしたりすることも出来ます。また、気功は施術者の気ですから、施術者のエネルギーをそのまま消費します。気功の施術者は施術をすることで消耗し場合によっては非常に疲れます。

レイキは人の気ではありません。ある意味で宇宙の気という言い方も出来ますが、レイキの場合は物や場所のエネルギーも扱いますので、気というのは誤解を生じると思います。宇宙エネルギー、レイキ、霊気です。そして、レイキのエネルギーは具体的な意図を持ちません。あくまで、宇宙に普遍的に存在する慈悲、慈愛、慈しみのエネルギーです。ヒーラーはクライアントの何かを直そう直そうとしてしてレイキを送るのではないのです。しかし、それを受け取ることでクライアントさんは自分で自分の力を発揮します。意図のないエネルギーですから、相手に悪影響を及ぼしたり、相手をコントロールすることはありません。あくまでどのような変化を生じるかは受けた人の望みに依ってきます。また、レイキはヒーラーのエネルギーではありませんから、ヒーラーは送ることで疲れると言うことはありません。むしろ自身もレイキを受けますから自分も癒されることになります。

気功の場合は直すという意識が強くあると思います。それによってより短時間で良くなるクライアントさんもいると思います。レイキを混ぜて施術されている気功の方もいらっしゃるようです。一方、レイキで相手を直そうと意識しすぎて、自分の意図を混ぜて送るというケースもレイキでは出てくる場合もあると思います。しかし、無意識的にこのミックスが起こるのは良くないでしょう。二つのエネルギーの違いを良く理解し、自分のやっていることを意識的に正確に認識することが大事だと思います。

Q 野口整体にも気を送る「愉気法」がありますが?

別ページにレイキと愉気法の違いを考察してみました。

Q ネットや書籍で○○○レイキと形容詞の付いたレイキを見かけますが?

わたし自身はこれらのレイキを体験したことはないので、完全に部外者の立場からですが、これらを簡単にまとめてみました。

Karuna Reiki® 
カルナレイキ
カルナとは、サンスクリット語で「苦しみから救う行為」「慈悲」、「慈悲の行為」を意味し、エネルギー自体は臼井レイキとは違うもののようです。様々な目的を持った12のシンボル・マントラがあります。
Sekhem Seichim Reiki Sekhem(セイキム)はパワーを意味し、Seichim(セイキーム)はあざやかな光のエネルギーを表す。ALL LOVEの根源につながり、ハートチャクラを開き「無条件の愛」を体現していく。瞑想を大事にするようです。
Rainbow Reiki スピリチュアルな側面を発展・強化させたもので、カルマ浄化、アストラル旅行、クリスタルヒーリング法、インナーチャイルドとの対峙、などがあり、追加のシンボル・マントラがある。
Reiki Jin Kei Do© 仁・慧・道。臼井→林→Takeuchi→Seiji Takamoriと高田先生ではない流れレイキのようです。HPを読んでみると伝統霊気の香りを残しているように思えます。
Satya Reiki レベル1からシンボルを使い遠隔ヒーリングを行なう。色々な点で独自の修正を加えているようです。
Reiki Plus® 「celestial elements, molding them with sensitivity, creativity, spiritual logic and everyday reality」をブレンドしたもので、神の神秘を科学的に理解したもの。(正直良く意味がわかりません・・・)
ハイパーレイキ® 従来のレイキに東洋医学に基づいた理論,特に「気」の概念からの再構築をして補ったもの。
スーパーレイキ レイキの源とチャネリングができるようになった人を通じて、現在のアチューンメントの方法やテキストの内容に改定を加えた。
Reido Reiki 「レイドウ(REIDO)」とは、RE(さらに、もう一度)・I・DO(自らが主体となり実践・行動・取り組む)という意味があります。ただアチューンメントのみを行なうのではなく、「日常生活の中でいかにレイキを活用していくか」を主眼としている。

他にMen Chho Reiki®、Jinlap Reiki、Saku Reiki、Blue Star Reiki、Osho Reikiなどがあるようです。またエンジェル系のエネルギーを混ぜるものも最近見かけます。英語になりますがここや、ここにも解説があります。

これらは部外者の私が簡単にまとめたものですので、誤解があるかもしれません。関係者の方で、そういった部分を気がつかれましたらどうぞお知らせ下さい。中には元の臼井レイキとの差が良くわからなかったものもあります。

私の理解では、臼井先生を源流とするレイキあるいは霊気そのものは、そのエネルギーに違いがあるわけではなく、その部分はユニーク、唯一だと思いますが、この様な様々形容詞の付いたレイキは、そのエネルギーに別の色やエネルギーを付けている場合か、あるいは何か別のヒーリング要素やセラピー要素を加えたものだと思います。これらは良い意味で言えば、より具体的な目的を持っていたり、ヒーラーの個性を発揮できる形に発展させられていると言えます。また別の意味で言えば他のレイキとの商業的な差別化を図るために構築されている面もあると思います。

これは私の個人的な好みかもしれませんが、レイキ・霊気は色が付かない普遍性を持っていることが、その良さの一つであると感じています。違った文化や思想を持った人たちにも受け入れられているのもそのためだと思います。ただ違った色を付けてある分野で特別な力を発揮したいときは、それが有効になるのかもしれません。私としてはレイキを全く初めてで学ばれる方は色の付かない、形容詞の付かないレイキを学ばれることをお勧めします。

また形容詞といっても「現代霊気」「現代レイキ」「直傳靈氣®」などは純粋なレイキあるいは霊気です。

Q 何やら西洋レイキと伝統霊気というものがあるようですが?

別ページのレイキ・霊気の歴史をご覧下さい。ここです。 念のためですが、この業界では西洋レイキのことは「レイキ」と表記し、伝統霊気の場合は「霊気」あるいは「靈氣」と表記します。伝統靈氣に関してはここをご覧下さい

Q レイキのシンボルというのは秘密とされているのでしょうか?どういう物なのでしょうか?

レイキではレベルⅡという段階でシンボルとマントラが伝授されます。シンボル・マントラは特定の目的に応じてヒーラーの力をさらに引き出すために用いられます。シンボル・マントラの作用に関してもう少し詳しくはここを参考にしてください

シンボル・マントラは伝統霊気では補助的なもの・初心者がまず使ってゆく物というとらえ方で、霊気の技法として一般には公開されることなく受け継がれていった物です。シンボル・マントラを使うことでヒーラーの力がアップしたように感じられるために西洋レイキになってからは、シンボル・マントラ自体に力や神秘性があるようなとらえ方がされるようになりました。私はこれは大変に危険な考え方だと思います。多くのレイキマスターは色々な意見を持っていて、伝統霊気的な考えをする方もいれば、極端に西洋レイキ的な捉え方をされる人もいて、様々なレンジがあります。ただ、ヒーラーと独立にシンボル・マントラに神秘性があり、力があり、神聖な物と考えるのは一種の偶像崇拝に近いと私は思います。

本来、シンボル・マントラを使って可能なことはヒーラーのレベルが上がれば、シンボル・マントラなしでも可能なはずなのです。もともと臼井先生はシンボル・マントラは使っておらず、初心者用にそれらを導入されてといわれています。私はまさにその考えに参堂します。レイキ業界では単にこの「秘密の」「神聖な」シンボル・マントラを伝授するという意味合いで、しっかりとした内容もないセミナーや講習を高い料金で行なうという良くない部分が現存しているというのは多少あるかもしれません。神聖視するとそういう弊害が出てきます。

その一方シンボル・マントラを神聖化する傾向に反発した中で、逆にシンボル・マントラをHPや書籍で公開してしまうマスターがいます。この方達は、上記のシンボルを神聖視する弊害を憂慮し、それを阻止するためにそのようなことをされているようですが、実はこの方達は人の心が分っていません。シンボル・マントラは秘密ではありませんが、プライベートな物なんです。例えば、あなたが小さいことから持っているビー玉をとても大切な宝物としているとします。このビー玉は秘密というわけではありませんが、プライベートな物です。秘密でないからといって「これはA氏が秘密のようにして持っているビー玉だってさ」っと背景や理由の全くわからない人たちに公開してしまうのは、おかしいと思いませんか?秘密ではないのだから不特定に公開してしまえというのはまさに人の心を無視した行為です。シンボル・マントラは世界中で多くの人たちが大事にしているプライベートなものなのです。

(日本でもシンボル・マントラを公開している書籍があります。この著者は高尚な理由があって公開するということですが、その書籍の帯には「レイキのシンボルを初公開!」と大きな文字で書かれてあり、またその著者の主催する団体は「シンボル・マントラを公開伝授」というのを一番大きな文字にして広告をしたりしています。それって結局自分自身が利益を得るためにシンボル・マントラの公開を利用しているんだね、って私は理解しました。)

 私はどうも相手からネガティブな気をもらいやすいのですがレイキで良くなりますか?

はい、レイキというポジティブなエネルギーが自分に流れていることで、もらいにくくなりますし、また「もらってしまう」場合でも、さらにその「もらいやすい」という能力を逆に生かしてゆくことが出来ます。詳しくは「もらいやすい体質と遠隔ヒーリング」をご覧下さい。

Q レイキは霊気と書きますが、何か心霊的なものとの関係はあるのしょうか?

まず、霊という漢字に関して説明させてください。もともと、霊という漢字は日本においては「尊い、神聖な」という意味があります。ですから、熟語として霊域、霊雨、霊長類、霊鳥、霊雲、霊香、霊剣、霊験、霊光、霊祭、霊山、霊水、霊峰、霊泉など非常に多くの例があります。霊気も例外ではありません。では、なぜ霊魂と呼ぶのでしょうか?これは私たち日本人の精神性のよりどころとなる古神道から来ています。

Q レイキは霊気と書きますが、何か心霊的なものとの関係はあるのしょうか?

まず、霊という漢字に関して説明させてください。もともと、霊という漢字は日本においては「尊い、神聖な、不思議な力のある」という意味があります。ですから、熟語として霊域、霊雨、霊長類、霊鳥、霊雲、霊香、霊剣、霊験、霊光、霊祭、霊山、霊水、霊峰、霊泉、霊薬など非常に多くの例があります。霊気も例外ではありません。

では、なぜ「霊魂」と呼ぶのでしょうか?これは私たち日本人の精神性のよりどころとなる古神道から来ています。キリスト教でも仏教でも死ねば天国か地獄に行くとされています。この世で悪いことをした人間は地獄へ行くことになっているようです。ところが、古神道の考えは、私たちはもともと神様の一部で、死ねば誰でも神様へ戻ってゆくという事なんです。仮にこの世で罪人であったとしても神道の考えでは死ねば神様になるのです。(この辺は靖国神社のA級戦犯の合祀などにも影響を与えている考えです。)ですから、死んだ人の魂は全て神聖であり尊いものなのです。それが霊魂という意味です。

レイキは心霊的なものとは直接の関係は全くありません。レイキは極めて現世に限られたものです。遠隔ヒーリングなどで時空を超えることは出来ますが、心霊的な世界へつながる道具にはなりません。アチューンメントを受けたから霊が見れる様にもなりませんし、江原さんの様になるわけでもありません。オーラが見えるようにもなりません。

「直接は」関係ないと書いたのは二つ理由があります。一つめはレイキを受けることでエネルギーの質や量が良くなり、浄化の作用があるためです。霊が付いている付いていないという話をしますと、良くない霊が付くのはその人のエネルギーが低下し、悪いエネルギーを持っているので、それに同調して霊が近づいたり付くことがあります。レイキは、取り憑いた霊に対しての直接の作用はありませんが、レイキを受けた人がエネルギーを高めて、良い状態になることによって、自然とそのような悪い霊が離れてゆくきっかけを作る場合があります。(これは人だけではなくて、場所などに関しても例があります。)

二つめの関連は、レイキのアチューンメントやセッションを受けることで直感力が高まることです。心霊的な能力を持っている人でも、この人間社会で育つことで、そのような能力は減退していったり、実質的に無くなってしまうことがしばしばあります。そのように、もともと心霊的な力があったが使えなくなってしまっている人がレイキのアチューンメントやセッションを受けると直感力が回復して、本来持っていた心霊的な力が復活する場合があります。この場合は、本人はレイキのおかげでエネルギーが高い状態にいますから、それほど悪いものは見えないとは思います。ただ、この場合は悪い方向へ目が向かないように注意は必要かもしれません。

レイキの疑問トップへ

香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top