複雑な経緯があります

武蔵野市境南町5-3-26
 0422-34-7445
  お問合メール
香りの森

レイキは日本生まれ

レイキは世界へレイキ(霊気)は1920年代に日本で始められたセラピー・代替療法で、現在世界中に広まり、600万人以上の使用者 がいると言われています。欧米では「Reiki」として代替療法での高い地位を確立し、施設やホーム、難病者の Q.O.L. (Quality Of Life)改善などにも広く活用されています。

臼井甕男霊気は、臼井甕男(ウスイミカオ 1865-1926)氏が1922年に京都の鞍馬山にて断食修行を行なって見つけ、霊気治療として確立 しました。代替療法としてその重要性を認識し、自ら施術にあたるほか、臼井霊気療法学会を設立し、技術的な研究や普及のために勤めました。

「霊」という漢字は、現代の人にとっては幽霊のようにおどろおどろしく感じられますが、実際には、霊峰、霊水、霊泉、霊薬、霊長、霊鳥など「不思議な力を持った」「神聖な素晴らしい」という良い意味で使われています。「霊気」というのは「目に見えない不思議な力を持ったエネルギー」という意味になります。

代替療法として使われていた

当時の日本では霊気は公的機関(海軍)にも認知され、数万人以上の使用者がいたと言われています。また、この霊気療法学会からスピンアウトして独自の手当療法として実践した人も含めると数十万人の使用者がいたと言われています。海軍では霊気を艦内での限られた医薬品の代替として利用しようとしたのではないかと想像されています。霊気は当時から宗教的なものとは関係がありません。

林忠次郎また臼井甕男氏の弟子の一人で、海軍大佐だった林忠次郎氏(1879~1940)は、8人を同時に施療できる治療所を東京信濃町(現新宿区)持ち、また様々な地方を回って霊気の普及にも努めました。この時に、霊気を教わった山口千代子さんの霊気は直傳靈氣として今日でも継承されています。

ハワイへ伝えられる

高田はわよこの霊気は太平洋戦争開戦の3年前にハワイへ伝えられました。その大事な役目を担ったのが、ハワイのヒロ(ハワイ島)に住んでいた日系二世の高田はわよさんです。高田さんは30歳代で難病にかかり、治療のために日本に来ました。当初は西洋医学の手術を受ける予定でしたが、本人の希望で手術ではない方法を探し、林さんの治療所でレイ キを受け、完治するまでに至りました。その後、一年間林さんの治療所でインターンとして働き、ハワイに帰国。太平洋戦争を迎え、終戦後もハワイを中心に施術を続けてゆきました。

欧米でのニューエイジ、スピリチュアルブーム

欧米では1980年代からスピリチュアルなブームが起こり、ヒーリングや代替療法などの従来の西洋科学的な考え方も見直す人たちが多く現われました。高田さんはこの時代背景の中で、22人の弟子を育成し、その後は、このお弟子さん達が組織などを整備して、アメリカを中心として全世界へレイキが普及していったのです。現在はレイキがあまり伝わっていない国を挙げるほうが容易です。南アフリカ、イスラム圏、中国以外の国にはレイキが良く伝わっています。欧米では、公的な病院・施設など様々な医療現場に近いところで代替療法や緩和ケアとして積極的に導入されています。今日600万人以上の人たちが海外でレイキを使っているといわれています。

戦後の日本

本家本元の日本では、敗戦したことによって社会全体の価値観が180度ひっくり返ってしまいました。昔から日本にある価値観、技法などは古くて遅れていて劣っている、そして欧米とくにアメリカの価値観や文化・文明が進んでいて、より優れているのだということになって行きます。

科学的に理解できることが大事で、科学的に理解できなければそれはオカシイということになりました。ですから、手当療法などの代替療法は急速に廃れて行ってしまいました。その一方で、戦後の宗教の自由化によって、手当療法を取り入れている宗教は保護され、手当療法=アヤシイ宗教という印象が出来ていったようです。また、臼井霊気療法学会は比較的リベラルな人が多かったようですが、海軍とのつながりが災いし、社会的な活動は一切出来ない状態になりました。そして、霊気は日本の戦後社会の中では忘れ去られていってしまうので す。

里帰り

アメリカを中心としたレイキの広がりは、必然的に日本にも流れてくることになります。1980年半ばには、非常に限られた形で日本でもレイキのセミナーが始まり、1993年からは本格的なセミナーが始まりました。

特に最近では、精神世界やスピリチュアルな考え方の認知も広まり、レイキは急速に日本社会にも浸透しつつあります。特に、アロマセラピーやリフレクソロジー、整体、気功などの代替療法を実践する人たちの間の普及度は非常に高いです。

一般でも、ヒーリングに興味を持つ人、自分の精神的な悩みを持つ人たちなどの多くの支持を得て、広がっています。実際にこれまで、香りの森だけでも、講習を受講されてレイキが出来るようになった人は950人(実数:2011年2月現在)を超え、その人達からレイキを受けた人数はおそらく10,000人を上回るでしょう。日本全体としてレイキを使う人は5万人以上と推定されてます。そのようなレイキの普及が全国で行われています。

arrow g1更に詳細な歴史をお知りになりたいかたはこちらへどうぞ

香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top