伝統霊気から西洋レイキへ

武蔵野市境5-18-13
 0422-56-8230
  お問合メール
香りの森

霊気以前の手当療法

霊気以前にもいわゆる手当療法的な手法は太古からあったようですし、世界の色々なエリアであったようです。続きを読む・・・「霊気以前の手当療法」

 戦前

霊気の始まり

霊気は臼井甕男(ウスイミカオ 1865-1926)先生が1922年に京都の鞍馬山にて断食修行を行なって下山するときに見つけ、霊気治療として確立しました。続きを読む・・・[霊気の始まり]

当時の日本

明治~大正~昭和初期の戦前の日本については、非常に多くの点が誤解されている部分があると思います。続きを読む・・・[当時の日本]

当時の霊気

どういう経緯だったのか興味がありますが、霊気は当時の海軍の中で認知を得ていたようです。続きを読む・・・[当時の霊気]

霊気を元にした諸派

このほかに、臼井霊気をベースにした手当療法として「手のひら療治研究会」を始めた江口俊博氏、「富田流手あて療法」の富田魁二氏などがありました。続きを読む・・・[霊気を元にした諸派]

霊気と鞍馬

臼井先生が霊気を見つけた鞍馬・鞍馬寺はレイキの業界では特別なステータスがあるように思います。しかし、続きを読む・・・[霊気と鞍馬]

臼井霊気療法学会

学会は臼井先生が霊気を始めた当初より作られた非常に歴史の古い組織です。続きを読む・・・[臼井霊気療法学会]

戦争への道

戦争のことはたぶん、レイキの書籍に記されているよりもはるかに重くのしかかっていたと思います。続きを読む・・・[戦争への道]

林忠治郎先生

林忠次郎先生(1879~1940)は神奈川県出身で、西洋への霊気の伝搬はこの林先生が、ある日系ハワイ人の女性を弟子として育てたことで起こりました。続きを読む・・・[林忠治郎先生]

西洋への伝搬

霊気をハワイへ伝え、その後全世界に広まるきっかけを作ったのはハワイの日系二世の高田はわよ先生でした。続きを読む・・・[西洋への伝搬]

 戦後

戦後の高田先生

高田先生が戦時中、そして戦後どのように霊気・レイキを行なっていたのかという記録はありませんが、続きを読む・・・[戦後の高田先生]

西洋レイキ

高田先生自信は林先生からの純粋な日本の霊気を習得していたにもかかわらず、高田先生がお弟子さんに伝えていったレイキは多少味付けの違うものになっていました。また高田先生のお弟子さん達も、西洋レイキの独自の発展を作り上げてゆきました。

高田先生によって伝統霊気→西洋レイキの過程で変えられてしまった最大の要素は、伝統霊気が中心な目的としていた医療的な治療が西洋レイキから落ちてしまったことです。これに伴って霊示法や病腺霊感法などの治療に必要な概念・方法や血液交換法などの手技が後年なくなってしまいました。高田先生自身は林先生の治療所で一年間のインターンを経験されているので、伝統霊気の治療的な側面は実践してきたし、ご自分自身が大病を霊気で救われたのですから、この変更は非常に意外です。おそらく苦渋の決断をされたのではないでしょうか。米国でも日本と同じように医療従事者でなければ診断や治療は出来ないのが法律ですからレイキを普及させるためには、その要素はあえて外さなければならないと考えたのかもしれません。前出のFran Brown (著)「Living Reiki: Takata's Teachings」によると、ヒーラーがノートや記録を取ると診断や診察的な事になりやすいから、ノートや記録は一切取らず、そういうことは医療従事者に任せるべきだと教えたそうです。

伝統霊気→西洋レイキでなくなってしまったものに、修行法というか訓練法があります。これは伝統霊気の病腺霊感法に関係した部分もあるので、その流れかもしれませんが、西洋レイキでは「訓練は不要」と言うことがことさら強調されすぎた嫌いがあります。普及させるために敷居を下げると言う面ではプラスの面がありましたが、意識の高いヒーラーを良い方向に導くという点ではマイナス面もあったかもしれません。また、その代わりという側面もありますが、西洋レイキではシンボル・マントラの力を重視しています。これも修行をしない代わりに、シンボル・マントラの力を借りて自分の力を発揮するという面ではプラスですが、シンボル・マントラを過度に重要視するあまりの弊害も見られると思います。

逆に伝統霊気→西洋レイキで大きく加わったものとして、ヒーリング(精神的)という側面があると思います。これは治療が抜け落ちて、法律には引っかからないヒーリングという面が前面に出てきたのだと思います。特に、ヒーラー自身に対するヒーリング効果という点で、西洋レイキは自らの癒しが欲しい方に非常に受け入れられてきたと思います。オーラやチャクラといった組合せのヒーリングも高田さんのお弟子さんの台から導入され西洋レイキに定着したものですし、モノや場所などの浄化という概念も西洋レイキで本格的になったものです。このヒーリングという側面では、これは私見ですが、日本の伝統霊気はどちらかというか男性的というか、男性の施術者が多かったと思うのですが、西洋レイキはその波長がとても女性的になったのではないかと思います。そういう意味で女性への窓を大きく開いたというとても重要な事を成し遂げたのではないでしょうか。

また習得の容易さと、その容易さを一つの宣伝文句として使ったことは伝統霊気→西洋レイキで大きく加わったものです。悪い言葉で表現するとマクド○ルド化した霊気とも言えるかもしれません。受講やアチューメントの料金も高田先生のお弟子さんの代からは、徐々に降下して行き、今日誰でも気軽に受けられる料金になったのも特徴です。(戦前の伝統霊気で入門し、また師範になるためには非常に膨大な費用がかかりました。)このステップがなければ今日のように世界中で何百万人のレイキヒーラーが活躍することはあり得なかったと思いますし、そして今ここでレイキの歴史を書いている僕自身さえもレイキ・霊気に接することは絶対になかったのではないかと思います。

高田先生の教え

高田先生→22人のマスターとレイキが伝わったときに、どのような技法が伝えられずにいって、どのような西洋レイキの要素が付け加わっていったのか、続きを読む・・・[高田先生の教え]

高田先生 VS 臼井霊気療法学会

歴史を調べて感じたことで、とても印象に残ったのは高田先生が伝統霊気を修正し普及させたことと、かたくなに伝統?を守る臼井霊気療法学会の対比でした。続きを読む・・・[高田先生 VS 臼井霊気療法学会]

日本の西洋レイキ

日本に最初に西洋レイキが逆輸入されたのは、ニューヨーク在住ジャーナリストでアメリカレイキ団体 Radiance Technique のレイキティーチャーの三井三重子氏でした。続きを読む・・・[日本の西洋レイキ]

レイキと霊気の統合・比較

アメリカで広まった高田先生を元にした西洋レイキは、少しづつ進化しながら世界中に広まってゆきました。しかし、その一方で伝統的な霊気がどのようなものであったのかという疑問は、続きを読む・・・[レイキと霊気の統合・比較]

もしも、上記の内容で、お手持ちの資料やご存じの史実と違うということがありましたら、ご指摘して頂けるとありがたいです。ただ、多くのというか、ほとんどの書籍は単に既存の本やネットの孫引きで、本当の歴史的資料ではありませんので、注意してください。霊気・レイキの歴史で、本当に自分の足を使って史実を確かめられているのは、今のところ Frank Petterさんと、土居裕先生だけだと思います。そのほかに、臼井霊気療法学会の作ったものが、いくつか流出しているのがあります。私も今は日常の業務が忙しすぎて、歴史を探索する時間がありませんが、いつかそういうことを是非やってみたいです。

香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top