武蔵野市境南町5-3-26
 0422-34-7445
  お問合メール
香りの森

霊気以前の手当療法

霊気以前にもいわゆる手当療法的な手法は太古からあったようですし、世界の色々なエリアであったようです。続きを読む・・・「霊気以前の手当療法」

 戦前

霊気の始まり

霊気は臼井甕男(ウスイミカオ 1865-1926)先生が1922年に京都の鞍馬山にて断食修行を行なって下山するときに見つけ、霊気治療として確立しました。続きを読む・・・[霊気の始まり]

当時の日本

明治~大正~昭和初期の戦前の日本については、非常に多くの点が誤解されている部分があると思います。続きを読む・・・[当時の日本]

当時の霊気

どういう経緯だったのか興味がありますが、霊気は当時の海軍の中で認知を得ていたようです。続きを読む・・・[当時の霊気]

霊気を元にした諸派

このほかに、臼井霊気をベースにした手当療法として「手のひら療治研究会」を始めた江口俊博氏、「富田流手あて療法」の富田魁二氏などがありました。続きを読む・・・[霊気を元にした諸派]

霊気と鞍馬

臼井先生が霊気を見つけた鞍馬・鞍馬寺はレイキの業界では特別なステータスがあるように思います。しかし、続きを読む・・・[霊気と鞍馬]

臼井霊気療法学会

学会は臼井先生が霊気を始めた当初より作られた非常に歴史の古い組織です。続きを読む・・・[臼井霊気療法学会]

戦争への道

戦争のことはたぶん、レイキの書籍に記されているよりもはるかに重くのしかかっていたと思います。続きを読む・・・[戦争への道]

林忠治郎先生

林忠次郎先生(1879~1940)は神奈川県出身で、西洋への霊気の伝搬はこの林先生が、ある日系ハワイ人の女性を弟子として育てたことで起こりました。続きを読む・・・[林忠治郎先生]

西洋への伝搬

霊気をハワイへ伝え、その後全世界に広まるきっかけを作ったのはハワイの日系二世の高田はわよ先生でした。続きを読む・・・[西洋への伝搬]

 戦後

戦後の高田先生

高田先生が戦時中、そして戦後どのように霊気・レイキを行なっていたのかという記録はありません。当時の高田さんの情報が多少ともなり載っている資料は、前出のFran Brown著「Living Reiki: Takata's Teachings」John & Lourdes Gray著「Hand to Hand」があります。John Grayは高田先生の22人の3番目のお弟子さんで、比較的長く高田先生と時間を過ごされていた人です。また、最近の本ですが、Bronwen & Frans Stiene著「The Reiki sourcebook」はこれらの本及び他の資料からその辺の経緯がよくまとめられています。

高田先生は戦争が終結してから1950年頃に一度、来日し、林先生の元治療所を訪れています。その時はすでに治療所としては機能していませんでした。日本側の情報も高田先生が来日して千恵婦人と会ったという点で一致しています。その時高田先生は、日本では後を継げる状態ではないと理解されたようです。

高田先生のサロン高田先生は戦後はしばらくハワイ島のヒロ(コナと反対側)で、レイキの施療をされていたようです。実は、今現在もハワイ島のヒロには高田先生がレイキの施術をしていた家がそのまま残っています。これはヒロのキラウエアという大通りに近い所です。リゾート地のコナとは気候が正反対のヒロは一年中雨が多く、日本人の観光客は訪れることのない町です。実は私は、レイキを始める前の仕事でヒロには何度か訪れていますが、高田先生がレイキに使っていた家があったとは驚きました。高田先生の看板

この家は高田先生のあとに別の人が買って、レイキではないですが今もセラピーの仕事に使われています。現所有者が買ったときに家の地下に昔の看板が残っていて、それが今は貴重な資料として展示されています。画像(→)をクリックして大きなものを表示してみてください。この看板は少なくとも一回塗り替えられていますが、その下には『高田霊氣治療院』の文字が見えます。私の判断で下層の文字を再現してみました。レイキ関係者にとってはこの看板は涙が出るぐらい感激だと思います。この家の資料によりますと、高田先生はこの家を1939年に購入して、1950年ぐらいまで使って、その後ホノルルへ移ったようです。当時、ここで高田先生がどのような感じで施療されていたのかは想像する以外にはありません。高田先生はここで、ロミロミのセラピストを置いて、1階ではロミロミ、2階でレイキをご自身がしていたとの事です。塗り替えられた一番上の層には「H. TAKATA」の文字がありますが、レイキという文字はなくなっています。(高田先生の家と看板のこれらの写真は、ハワイ在住の受講生の岡崎祥子さんの撮影です、ありがとうございます。)

その後の高田先生の活動は全く良くわかっていません。主に、ハワイでトリートメントを中心にレイキをされていたようです。John Gray氏が聞いた話では、Doris Duke(大富豪の娘)に気に入られ、専属のレイキ施術家として日常レイキをして世界をついて回ったとも記されています。

高田先生がレイキを教え始めたのは1970年代で、最初は日系人を対象に教えていたそうです。(想像ですが、最初はレイキとは異文化の純粋なアメリカ人に教えるのを意図的に避けたのかもしれません。)最初に、一般のアメリカ人向けにセミナーを持ったのは1973年にワシントン州が最初であったとのことです。その後、少しづつ各地でセミナーを開催しましたが、1975年に心臓の具合が悪くなり、引退することを想定して活動してゆきました。1977年までにJohn Gray氏を含めて3人のマスターを育成し、この3人が後を継ぐのだという手紙を諸氏に送付しています。しかし、その後亡くなる1980年までに、更に19人のマスターを育成することになります。

西洋レイキ

高田先生自信は伝統霊気を習得していたのに、お弟子さんに伝えていったレイキは多少味付けの違うものになっていました。続きを読む・・・[西洋レイキ]

高田先生の教え

高田先生→22人のマスターとレイキが伝わったときに、どのような技法が伝えられずにいって、どのような西洋レイキの要素が付け加わっていったのか、続きを読む・・・[高田先生の教え]

高田先生 VS 臼井霊気療法学会

歴史を調べて感じたことで、とても印象に残ったのは高田先生が伝統霊気を修正し普及させたことと、かたくなに伝統?を守る臼井霊気療法学会の対比でした。続きを読む・・・[高田先生 VS 臼井霊気療法学会]

日本の西洋レイキ

日本に最初に西洋レイキが逆輸入されたのは、ニューヨーク在住ジャーナリストでアメリカレイキ団体 Radiance Technique のレイキティーチャーの三井三重子氏でした。続きを読む・・・[日本の西洋レイキ]

レイキと霊気の統合・比較

アメリカで広まった高田先生を元にした西洋レイキは、少しづつ進化しながら世界中に広まってゆきました。しかし、その一方で伝統的な霊気がどのようなものであったのかという疑問は、続きを読む・・・[レイキと霊気の統合・比較]

もしも、上記の内容で、お手持ちの資料やご存じの史実と違うということがありましたら、ご指摘して頂けるとありがたいです。ただ、多くのというか、ほとんどの書籍は単に既存の本やネットの孫引きで、本当の歴史的資料ではありませんので、注意してください。霊気・レイキの歴史で、本当に自分の足を使って史実を確かめられているのは、今のところ Frank Petterさんと、土居裕先生だけだと思います。そのほかに、臼井霊気療法学会の作ったものが、いくつか流出しているのがあります。私も今は日常の業務が忙しすぎて、歴史を探索する時間がありませんが、いつかそういうことを是非やってみたいです。

香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top