伝統霊気と西洋レイキの比較

武蔵野市境5-18-13
 0422-56-8230
  お問合メール
香りの森

霊気以前の手当療法

霊気以前にもいわゆる手当療法的な手法は太古からあったようですし、世界の色々なエリアであったようです。続きを読む・・・「霊気以前の手当療法」

 戦前

霊気の始まり

霊気は臼井甕男(ウスイミカオ 1865-1926)先生が1922年に京都の鞍馬山にて断食修行を行なって下山するときに見つけ、霊気治療として確立しました。続きを読む・・・[霊気の始まり]

当時の日本

明治~大正~昭和初期の戦前の日本については、非常に多くの点が誤解されている部分があると思います。続きを読む・・・[当時の日本]

当時の霊気

どういう経緯だったのか興味がありますが、霊気は当時の海軍の中で認知を得ていたようです。続きを読む・・・[当時の霊気]

霊気を元にした諸派

このほかに、臼井霊気をベースにした手当療法として「手のひら療治研究会」を始めた江口俊博氏、「富田流手あて療法」の富田魁二氏などがありました。続きを読む・・・[霊気を元にした諸派]

霊気と鞍馬

臼井先生が霊気を見つけた鞍馬・鞍馬寺はレイキの業界では特別なステータスがあるように思います。しかし、続きを読む・・・[霊気と鞍馬]

臼井霊気療法学会

学会は臼井先生が霊気を始めた当初より作られた非常に歴史の古い組織です。続きを読む・・・[臼井霊気療法学会]

戦争への道

戦争のことはたぶん、レイキの書籍に記されているよりもはるかに重くのしかかっていたと思います。続きを読む・・・[戦争への道]

林忠治郎先生

林忠次郎先生(1879~1940)は神奈川県出身で、西洋への霊気の伝搬はこの林先生が、ある日系ハワイ人の女性を弟子として育てたことで起こりました。続きを読む・・・[林忠治郎先生]

西洋への伝搬

霊気をハワイへ伝え、その後全世界に広まるきっかけを作ったのはハワイの日系二世の高田はわよ先生でした。続きを読む・・・[西洋への伝搬]

 戦後

戦後の高田先生

高田先生が戦時中、そして戦後どのように霊気・レイキを行なっていたのかという記録はありませんが、続きを読む・・・[戦後の高田先生]

西洋レイキ

高田先生自信は伝統霊気を習得していたのに、お弟子さんに伝えていったレイキは多少味付けの違うものになっていました。続きを読む・・・[西洋レイキ]

高田先生の教え

高田先生→22人のマスターとレイキが伝わったときに、どのような技法が伝えられずにいって、どのような西洋レイキの要素が付け加わっていったのか、続きを読む・・・[高田先生の教え]

高田先生 VS 臼井霊気療法学会

歴史を調べて感じたことで、とても印象に残ったのは高田先生が伝統霊気を修正し普及させたことと、かたくなに伝統?を守る臼井霊気療法学会の対比でした。続きを読む・・・[高田先生 VS 臼井霊気療法学会]

日本の西洋レイキ

日本に最初に西洋レイキが逆輸入されたのは、ニューヨーク在住ジャーナリストでアメリカレイキ団体 Radiance Technique のレイキティーチャーの三井三重子氏でした。続きを読む・・・[日本の西洋レイキ]

レイキと霊気の統合・比較

アメリカで広まった高田先生を元にした西洋レイキは、少しづつ進化しながら世界中に広まってゆきました。しかし、その一方で伝統的な霊気がどのようなものであったのかという疑問は常に西洋レイキ実践者の心のどこかにはあったのではないでしょうか?

今日では幾人かのフロンティア精神の持ち主達によって、伝統霊気の情報が徐々に明らかになり、西洋レイキが本格的に日本に入ってきた90年代とは比べものにならないほど、伝統霊気の情報は復元されています。特に日本でレイキを実践されている多くのマスターはこの伝統霊気の情報を最大限に取り入れていると思います。

ただ一人西洋レイキとのチャンネルを持ちながら臼井霊気療法学会の会員になられた土居裕氏の著書「癒しの現代霊気法」は1998年に出版されました。また前出のフランク・ペッター氏の「靈氣療法必携」は1999年に出版されています。私が西洋レイキを初めて学んだ2001年にはすでに、これらの情報がテキストにふんだんに取り入れられていました。私が習ったときは、西洋レイキではこう、伝統霊気ではこう、と並列して違いを教わりました。そして「あー、伝統霊気の考え方はとてもまともだ」と最初からとてもフィットしました。また1999年には、林忠次郎先生から霊気を受け継いだ山口千代子・忠夫親子さんが「直傳靈氣研究会」を発足され、生の伝統霊気を学べるようにもなっています(実は私も直傳靈氣®のセミナー・霊授を受けています)。この直傳靈氣®からの情報は山口忠夫先生の「直傳靈氣」やフランク・ペッター氏の「The Hayashi Reiki Manual」によって全世界に発信されて、今や共通の認識・財産になりつつあります。

こういった背景のある現在では、特に日本では西洋レイキと伝統霊気が厳密に分離して存在するという構図は崩れつつあります。どちらかというと西洋レイキが伝統霊気に歩み寄って、その距離を少しづつ縮めている段階にあるのではないかと思います。ただ逆に言うと両者のはっきりとした特徴はありますので、私の全く個人的な見解ですが西洋レイキと伝統霊気の簡単な比較をしてみたいと思います。

  西洋レイキ 伝統霊気
エネルギー 臼井霊気 臼井霊気
儀式性
装飾性
オーラ・チャクラ 多用 なし
精神世界との関連 かなり少ない
雰囲気 女性的、洗練されている、軟派 男性的、質実剛健、硬派
ヒーリング 非常にヒーリング的 悟り+治療(学会) 治療的(林)
未来・過去ヒーリング あり 現在の遠隔のみ
メンタルヒーリング 多用 性癖治療としてのみ
願望成就 そのための技法あり なし
アチューメント 1回に時間をかける 1回は短く回数が多い
シンボル・マントラ まずシンボル・マントラありき、
そしてその持つ効力は・・・
と教える。
まず患者・治療ありき、
そして印・言霊はあくまで
そのための補助。
神聖視されがち 神聖視しない
複雑な使い方 シンプルな使い方
五戒の位置づけ 大事 非常に重要視
人以外への用法
病腺 あまり扱わない 病腺が治療の基本
鍛錬 重視しない場合も 非常に重要
ティーチャー習得期間 最短で数日の場合も 数年~10年
スタンダードポジション 多用する場合も なし

更に詳細な比較はここをご覧下さい

以下に多少の補足をしますと:

○エネルギー
これは難しい判断かもしれませんが、私が直傳靈氣®の霊授や手当てを受けたときに感じたのは、従来からの西洋レイキと同じエネルギーと感じました。これは私が鈍感なのかもしれませんし、あるいは林先生の流れだからかもしれませんが、「やっぱ同じなんだ」と思いました。

○儀式性・装飾性
西洋レイキの場合は自己浄化やいろいろのプロセスを大事に教えます。形を重視している、ヒーリングする側の雰囲気作りを重視していると感じました。一方、伝統霊気とくに直傳靈氣®の場合はそういったある意味で治療に影響ない部分というのは重視されていません。

○精神世界など
西洋レイキはもちろんニューエイジや精神世界と共に発展してきました。伝統霊気ではもちろん精神性や魂はとても大事ですが、ニューエイジ的思考や精神世界的考え方とは違いがあります。他の西洋的なヒーリングと組み合わせる場合は西洋レイキが整合性が良いと感じます。

○アチューメント
これは根本的に違うというのではなく、細部の違い、多少の技法が違うという程度です。(もちろんそういった違いを大変に重視される方もいます)大きな違いは、西洋レイキではアチューメントは時間をかけて行なうこと、伝統霊気では1回の時間は少ないけれど回数が多いと言うことです。

ここでは単純に西洋レイキと伝統霊気としましたが、厳密に言えばマスターやスクールによってその温度差はあるでしょう。香りの森や他の多くの日本のマスターのように西洋レイキでも伝統霊気の良い面を取り入れたりしているところもあります、伝統霊気でも臼井霊気療法学会と林先生の系統では差があるはずです。あくまで大まかに理解するためとご理解下さい。

これもやはりどのように考えるかはマスターによったり、個人差がありますが、伝統霊気が西洋レイキよりも優れているとか、その逆とか、そういう優劣があるとは私は思えません。やはり、ある一つのものを別の方向から見たその現れ方の違いであると思います。

もしも、上記の内容で、お手持ちの資料やご存じの史実と違うということがありましたら、ご指摘して頂けるとありがたいです。ただ、多くのというか、ほとんどの書籍は単に既存の本やネットの孫引きで、本当の歴史的資料ではありませんので、注意してください。霊気・レイキの歴史で、本当に自分の足を使って史実を確かめられているのは、今のところ Frank Petterさんと、土居裕先生だけだと思います。そのほかに、臼井霊気療法学会の作ったものが、いくつか流出しているのがあります。私も今は日常の業務が忙しすぎて、歴史を探索する時間がありませんが、いつかそういうことを是非やってみたいです。

香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top