臼井霊気療法学会

武蔵野市境5-18-13
 0422-56-8230
  お問合メール
香りの森

霊気以前の手当療法

霊気以前にもいわゆる手当療法的な手法は太古からあったようですし、世界の色々なエリアであったようです。続きを読む・・・「霊気以前の手当療法」

 戦前

霊気の始まり

霊気は臼井甕男(ウスイミカオ 1865-1926)先生が1922年に京都の鞍馬山にて断食修行を行なって下山するときに見つけ、霊気治療として確立しました。続きを読む・・・[霊気の始まり]

当時の日本

明治~大正~昭和初期の戦前の日本については、非常に多くの点が誤解されている部分があると思います。続きを読む・・・[当時の日本]

当時の霊気

どういう経緯だったのか興味がありますが、霊気は当時の海軍の中で認知を得ていたようです。続きを読む・・・[当時の霊気]

霊気を元にした諸派

このほかに、臼井霊気をベースにした手当療法として「手のひら療治研究会」を始めた江口俊博氏、「富田流手あて療法」の富田魁二氏などがありました。続きを読む・・・[霊気を元にした諸派]

霊気と鞍馬

臼井先生が霊気を見つけた鞍馬・鞍馬寺はレイキの業界では特別なステータスがあるように思います。しかし、続きを読む・・・[霊気と鞍馬]

臼井霊気療法学会

学会は臼井先生が霊気を始めた当初より作られた非常に歴史の古い組織です。当時のことが良くわからなかったり、また今日この学会は非常にクローズドなために、なんだか良くわからないという印象を受けます。

この学会はこのページのはじめの方にも書きましたが1930年(昭和5年)には約7000名の会員を有し、また会長が海軍少将だったのですから、社会的にも認知されておりまあまあのステータスであったと想像します。ただ、この学会で最初から気になる点は2代目会長の牛田従三郎会長(海軍少将)の時に、有力な何人かがこの組織を離れていったことです。これには別の手当療法を発展させていった江口俊博氏、富田魁二氏の二人、そして重要な林忠次郎先生が含まれています。「癒しの霊気法」の著者の土居裕氏はウイリアム・ランド氏へのインタビューで「(林先生が学会を離れたのは)牛田会長との意見の相違が原因ではないかといわれています」と答えています。まあどういう組織にせよ組織とは融通の利かない点はあるかと思うのですが、林先生のような有力な方が抜けられたのはそれなりに何らかの問題点があった可能性も否定は出来ません。

臼井霊気療法学会は会員に社会的な地位のある人たちが含まれていました。海軍関係者もそれにあたりますが、学者、教育者など、政治家(苫米地義三)なども含まれていました。神秘伝を与えられた22名(一説には21名)のうち、約8名は海軍軍人で、他に学校校長、音楽家などがいました。大湊、呉、広島、佐賀など海軍の軍港のあったところは霊気の支部があったそうです。海軍繋がりですと、今の自由が丘(正確には奥沢)に「海軍村」というところがあって、海軍の将校や地位の高い人たちが集まって住んでいたエリアがあります。このエリアでの海軍と霊気の繋がりは不明ですが、興味を抱かせます。戦後の徹底した隠蔽性は海軍人や社会的な地位の高い人が幹部クラスに多かったからかもしれません。

臼井霊気療法学会が戦時中そして戦後しばらくどうなっていたのかという点に関しては全く霧の中です。6代目会長の小山君子先生は、会長になる前から和波先生から指導を受け、かなり活発に活動されていたようです。(臼井霊気療法学会では靈氣ではなく”お靈氣”と言っていました。)小山先生の所へはそれなりの数の人が訪れて、施術が行われていたようです。遠隔治療も行われていました。これは今でもそうですが、「学会で霊気療法を受けられるのは会員とその家族だけに限定」されています。入会も紹介のみで非常に制限されています。公開された資料や印刷物、団体としての何らかの登録、またHP、連絡先なども一切存在しておらす、これでは今日の情報社会としては全くの秘密組織、プライベート組織であるといっても言い過ぎではないです。

学会員の方々が戦争中、そして敗戦後にたぶん非常に困難な体験をされ、そういう時期を過ごされ、それでも組織を消滅させずに存続させたことは極めて賞賛に値することだと思います。ただ、今日の閉鎖的な状況は時代を全く理解していないとしか言わざるを得ません。戦後の全てが西洋医学で統制がされていった状況とは異なり、今では非常に多くの代替療法が認知され、実行され、実際に人々の役に立っています。これらは効果はあるが治療ではないという法律的にはグレーゾーンで行なわれていますが、それは多くの施術家やセラピストの方々の気概と将来的な展望を持って行なわれているためです。「伝統霊気は治療になってしまうからオープンに出来ない」というのは私から見ると言い訳にしか聞こえません。実際に多くの西洋レイキのヒーラーはグレーゾーンでも治療的な観点から活躍しています。要するにやろうと思えば現在の法体系のなかでも活動できるはずなのですが、それをやらないのは単にやる気がないだけなのだと理解せざるを得ません。本当にやる気があれば、すでに敗戦の影響がなくなった80年代からそういう準備が出来たはずです。今日の社会環境でこの様な閉鎖的な霊気を維持することは霊気を単なる会員の間の趣味におとしめていると言われてもしょうがないのではないでしょうか。少なくとも臼井先生が霊気を始めたときに出来るだけ多くの人の役に立ちたいと思われた大事な志は残っていないと思えます。五戒の「業をはげめ」とおっしゃっているのは単に学会会員のためだけに行なえばそれで良いのでしょうか。私の想像ですが学会は日本的な「沈黙は金なり」「君子危うきに近寄らず」等々の体質が戦後の困難な時期に身に付いてしまって(それは当時は必要なことではありましたが)、そして入会が難しいので、若い志のある人は入らずに新陳代謝も出来ず、現在の出口のない状況になってしまったのではないかと想像します。わたしがここでいくら今の学会に関して辛辣な言葉を並べ立てても、たぶん年齢層の高い会員の方々はこのHPをご覧になる機会もないのではないかと思います。

臼井霊気療法学会は戦争そして敗戦による非常に困難な時期を乗り越え、臼井先生の伝統的な療法を現代にまで存続させるという偉業を成し遂げました。しかし、それと同時に霊気を使う、霊気を役に立てるという本来の臼井先生のとても大事な意志をなくしてしまったと思います。そして変革できない抜け道の見えない状態に自らを追い込んでしまったのだと思います。私が思うに、私たちは現在の臼井霊気療法学会に対して何かを期待するというのはたぶん大きな間違いだと思います。最近になって、臼井先生の伝統的な技法やテクニックは徐々に明らかになっていますし、臼井霊気療法学会がなくても霊気そしてレイキの実践には私たちは支障がないと確信しています。ただ、やはり日本人として私たちが臼井霊気療法学会から何の情報や助けも得られないというのは、なんとも残念、なんとも歯がゆい、なんとも悲しいと痛烈に感じます。

戦争への道

戦争のことはたぶん、レイキの書籍に記されているよりもはるかに重くのしかかっていたと思います。続きを読む・・・[戦争への道]

林忠治郎先生

林忠次郎先生(1879~1940)は神奈川県出身で、西洋への霊気の伝搬はこの林先生が、ある日系ハワイ人の女性を弟子として育てたことで起こりました。続きを読む・・・[林忠治郎先生]

西洋への伝搬

霊気をハワイへ伝え、その後全世界に広まるきっかけを作ったのはハワイの日系二世の高田はわよ先生でした。続きを読む・・・[西洋への伝搬]

 戦後

戦後の高田先生

高田先生が戦時中、そして戦後どのように霊気・レイキを行なっていたのかという記録はありませんが、続きを読む・・・[戦後の高田先生]

西洋レイキ

高田先生自信は伝統霊気を習得していたのに、お弟子さんに伝えていったレイキは多少味付けの違うものになっていました。続きを読む・・・[西洋レイキ]

高田先生の教え

高田先生→22人のマスターとレイキが伝わったときに、どのような技法が伝えられずにいって、どのような西洋レイキの要素が付け加わっていったのか、続きを読む・・・[高田先生の教え]

高田先生 VS 臼井霊気療法学会

歴史を調べて感じたことで、とても印象に残ったのは高田先生が伝統霊気を修正し普及させたことと、かたくなに伝統?を守る臼井霊気療法学会の対比でした。続きを読む・・・[高田先生 VS 臼井霊気療法学会]

日本の西洋レイキ

日本に最初に西洋レイキが逆輸入されたのは、ニューヨーク在住ジャーナリストでアメリカレイキ団体 Radiance Technique のレイキティーチャーの三井三重子氏でした。続きを読む・・・[日本の西洋レイキ]

レイキと霊気の統合・比較

アメリカで広まった高田先生を元にした西洋レイキは、少しづつ進化しながら世界中に広まってゆきました。しかし、その一方で伝統的な霊気がどのようなものであったのかという疑問は、続きを読む・・・[レイキと霊気の統合・比較]

もしも、上記の内容で、お手持ちの資料やご存じの史実と違うということがありましたら、ご指摘して頂けるとありがたいです。ただ、多くのというか、ほとんどの書籍は単に既存の本やネットの孫引きで、本当の歴史的資料ではありませんので、注意してください。霊気・レイキの歴史で、本当に自分の足を使って史実を確かめられているのは、今のところ Frank Petterさんと、土居裕先生だけだと思います。そのほかに、臼井霊気療法学会の作ったものが、いくつか流出しているのがあります。私も今は日常の業務が忙しすぎて、歴史を探索する時間がありませんが、いつかそういうことを是非やってみたいです。

香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top