仁科のレイキノート

武蔵野市境南町5-3-26
 0422-34-7445
  お問合メール
香りの森
Google レイキノートを検索
2011年11月3日(木)
原因にアプローチする
皆さんが遭遇するご自分やご家族の症状については、いつも相談を受けます。もちろん、レイキは対症療法的な使い方をしても効果があるのですが、一過性のものでない限り、その症状の原因にアプローチしない限り、根治は起こりません。この点は、一般のかたは理解が十分とは言えません。鎮痛剤を飲んで痛みがなくなって、それで「治った」と勘違いされる場合もあります。

一時的なもの、ケガとか、凄く筋肉を使ったとか、ある日にもの凄く緊張したとか、風邪のようなその場だけの感染性のもの、そういったものはレイキを対症療法に使えば、ちゃんと効果も出ますし、治るという所まで行きます。

しかし、痛みでも慢性的なもの、コリでも長年の慢性的なもの、長い間の腰痛や膝の痛み、慢性的な冷え性、慢性的なストレス、アレルギー的なもの、アトピー、ガン、高血圧、高脂血症、糖尿病、その他全ての生活習慣病は、レイキをすれば一時的にその症状は和らぐと思いますが、原因となっている要素を解消したり、取り除かない限り、また症状は復活します。場合によっては、その人の考え方や価値観を変えなければならないケースも少なくないでしょう。

ですから、レイキを使うにしても、常に「原因にアプローチする」ということが大切です。レイキは有用なツールの1つに過ぎません。身体のメッセージに気をつけて、良く耳を傾けて、自分の生活が、本来の身体や自然とは相容れない使い方をしている、相容れない考え方をしてるのを、素直に認める姿勢が大事だと思います。

November, 2011
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
11th Mar今年の花粉症
22nd Feb受講生紹介
18th Febレイキ体験会
1st Febプロフェッショナル
19th Janファミリーマスター
  

2009年  11月 12月
2010年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年  1月 2月

香りの森とは レイキ講習
お申込み ヒーリング

Page Top